とっておきの一枚を撮ろう

女の子

最近では共働きが主流になっているので、七五三に行けないという方も多くいるでしょう。そういった時には、写真館で写真の撮影をすることができ、着物をレンタルすることも可能です。

More Detail

思い出になる

男の子

日本で古くから伝わる風習の一つである七五三は子供や孫の成長を祝い、男の子なら3歳、5歳、女の子は3歳、7歳の時に参拝します。時期は毎年11月15日に神社で行なわれており、女の子は着物、男の子は袴を着てお参りをします。その際、千歳飴を購入したり、おでこに印を押したりします。千歳飴は子供が健康に成長するようにという由縁からきており、印は魔除けともいわれているので泣いてしまう子供もいますが、つけておいた方がいいでしょう。七五三の際に写真を撮る方が多くいます。成長した姿を収めておくのもいいでしょう。最近では、写真を撮る時に少しでも我が子を可愛くみせるアイテムが揃っているので、わざわざ髪飾りなどを自分で買う必要がないのです。写真館で着物も揃っているので、好きなものを選ぶ事ができるでしょう。子供だけの撮影も可能ですが、両親や親戚と写真を撮ることも可能です。慣れない環境に泣いてしまう子供もいるかもしれませんが、スタッフがオモチャなどであやしてくれるので、はじめて写真撮影をする場合でも安心することができるでしょう。七五三は小さい頃の行事ですので、写真に収めておくと大人になった時に家族で見ることができ、思い出話に花を咲かせる事ができるでしょう。また、七五三の写真を写真館でするなら、お店の情報を口コミなどで知っておくのも一つの手です。過去にトラブルがあった時の対応などもうかがい知ることができるでしょう。子供と最高の笑顔で写れるようにしてくれるお店を選ぶといいでしょう。

プランを確かめよう

カメラ

イベント事を思い出に残るため、写真を撮るなら、出張撮影を写真屋に依頼するといいでしょう。よりクオリティーの高い作品を制作してくれます。あらゆるプランがあるため確かめておきましょう。

More Detail

撮影する前に

スタジオ

イベント時に撮影するなら、写真館を活用するといいでしょう。東京には沢山の写真館があるため、撮影時間やレンタルする衣装数などをよく確かめて撮影してもらうといいでしょう。撮影時間を確かめておくといいでしょう。

More Detail